FC2ブログ
  まず、最初におしらせ☆
11月の営業日が増えました。
3,4,5,10,11、23,24,25日となります。
カラマツ黄葉のピークは、例年ですと文化の日あたりですが、
年によって次の週末頃まで残るときもあります。
ご参考まで(^_-)-☆

  さて、さて、
礼文で人気のお宿「星観荘」が、
昔、リニューアルオープンした時、
TAKIさんが、オーナーの許可を得て書いた落書きがあります。
さすがに新築の壁に、というわけにはいかないので、
当時、ヤニーズ(喫煙者)だったTAKIさんの定位置、
喫煙所の腰掛椅子(切り株)の裏に、サインを残していきました。

 今回、また、オーナーのひこさんの許可をもらって、
消えかけていた落書きをリニューアル。
はるちゃんも、書き足しました(^_-)-☆

DSCN7032 (338x450)

行かれた方は、切り株を裏返して、見てみて下さいね~。

 さて、前回ミッションと言っていたことは、
これより、もっとドキドキすること。
 伝説の桃岩荘ユースに、はるちゃんを連れて行くこと~!
行ったことのない方も、そのうわさだけは、聞いたことがおありだと思います。
歌って踊るユース・・・・(笑)
礼文島フェリーターミナルで、みんなが同じ踊りを踊って、
見送っている姿を、ご覧になった方も多いことでしょう。
まあ、この部分ばかりが独り歩きしていますが、
時間厳守、禁酒、食器洗いも掃除もホステラーがする、
規律正しい、昔ながらのユースホステルなのです。

 この人は何者なのだろう、というバラエティーに富んだ客層が、
和気あいあいとたわむれていて、
何よりも、男性ヘルパーの熱さがハンパでない。
これだけ全力で何かに取り組んでいる若者の姿を、間近に見るのは、
貴重な体験だと思います。
そして、それを支える女性ヘルパーの、可愛らしさ。

 ドはまりするか、ドン引きするか、と言われている宿ですから(笑)、
はるちゃんが、どっちに転ぶかドキドキ。
私たちの子だから、たぶん大丈夫、
そらたねでも、いろんな人を見てきてるからね・・・・(笑)
と思いながらも、やっぱりドキドキ。
 私の希望としては、気に入って、いつか、ひとり旅で来てほしい・・・。
いや、今は、たいしてはまらなくても、
いつか、人生につまずいた時などに、こういう世界もあるのだと思い出してほしい・・・。

 「とにかく、ここでは、踊ったりするのを、恥ずかしがったりすること、
それ自体が恥ずかしいことだからね。」と言い聞かせ、
いざ桃岩荘へ~。
 もとニシン番屋だった建物で、
こんな素晴らしいロケーションに建っています。

DSCN7065 (450x338)

宿の前から、こんな夕陽も見られます。
猫にそっくりな、猫岩もステキでしょ。

PIC_0014 (500x281)

 9月30日の閉所に向けて、
濃いホステラーが集まっているので、
とっても盛り上がった、 夜のミーティング。

DSCN7080 (450x338)

 みんなで大合唱。
唄っているときは、日常の、いろんなことを忘れます。
そして、みんなで声を合わせて唄うこと、
アホになって踊ることの、楽しさ、その陽エネルギーの集まり。
 はるちゃんも、歌詞を見ながら、一生懸命唄っています。
踊りも見様見真似で、頑張っていました。

 残っている連泊者が、ヘルパーと一緒に、
見えなくなるまで、旅立つ人たちを見送る儀式。

PIC_0017 (450x253)
DSCN6976 (450x338)

 そらたねのお見送りは、ここが原点なんだよ~。

 私たちが帰るときは、
やっぱり、私、フェリーの上で泣いてしまいました。
・・・・・・そして、はるちゃんの一言、
「もっと泊まっていたかった。私、いつか、ヘルパーやってみたい。」

・・・・・・やった~~~~!!(^◇^)(^◇^)(^◇^)!!
 
スポンサーサイト

トラックバック(0) - TOP
Categorie未分類

trackback

この記事のトラックバックURL