2017’02.06・Mon

霧氷と毛嵐と気球

 冷えに冷えた日の朝。
そらたねの坂を下りた、すぐそばにある川では、
水面から立ち上る水蒸気が、
空気中の冷たい空気に触れて、霧が発生し、
温泉川のようになります。
これを、毛嵐と呼びますが、
とってもあったかそうな川に見えて、仕方がありません・・・!

IMG3310 (460x345)

 周りの木々には、水蒸気が凍り付いた霧氷がはりつき、
白いお花が満開になっているように見えます。

222212112 (460x345)

RIMG0016 (460x345)
 
気温がこんなではなかったら、
レジャーシート敷いて、お花見客が、たくさん集まりそう・・・!

 こういうきりっと冷え込んだ日は、
無風なので、
空を見上げると、たいてい気球が飛んでいます。
夏は係留された気球で、ちょっと上空に上がるだけですが、
冬は、フリーフライトができます。
夏とは違って、着地場所がたくさんあるからです。(畑も雪原だらけになるので)

 私たちも、以前乗ったことがありますが、
本当に素敵なフライトでした。
フライトを知らせていた友人宅の上を飛んだときは、
機転を利かせて、ちょっと下げてくださったりして、
なかなか楽しい経験をしました。
(もちろん、手を振ってくれてた友人は、豆粒ほどでしたが・・。)
ちょっとお高い値段ではありますが、
乗る価値は十分あります!
気球に乗って飛んだ、って、
なかなかできない経験ですよね。
ただし、天候、風速に左右される乗り物なので、
いつも乗れるとは限らないところが、難しいところですが・・・・。
 
スポンサーサイト

トラックバック(0) - TOP
Categorie未分類

trackback

この記事のトラックバックURL